キャッシングの利用は、安定した収入を得ていることが条件になります。

アルバイトであれパートタイマーであれ、定期収入を得ていれば基本的に問題ありません。

一方、学生・失業者・年金受給者は、安定した収入を得ている人ではないでしょう。

しかし、本当にお金が必要という方は、学生・失業者・年金受給者の方こそ多いのではないでしょうか。

そこで、今回は上記に挙げた条件に該当している方が、どのようにしてお金を借りることができるのか、徹底的に検証・解説していきます。

学生がお金を借りる方法はそこまで難しくない!

この記事の学生は、あくまで専門学校生・大学生・大学院生を対象にしており、中学生・高校生といった方は対象ではありません。

上記の点に注意して頂いたうえで、学生がお金を借りる方法について解説していきます。

まず、学生でもアルバイト・パートタイマーで働いている方は、消費者金融・銀行のカードローンの審査に申し込みすることができます。

アルバイト・パートタイマーとして収入を得ている時点で、学生だから不可といった制限を課しているところは滅多にありません。

ただし、審査申込条件のひとつに「満20歳以上の方」という制限を設けていれば、アルバイト・パートタイマーで収入を得ていたところでお金を借りることはできないです。 他にも、学生の方は10万円までのように制限を設けているキャッシング業者もあります。

また、消費者金融・銀行のカードローンを利用せずに学生ローンを利用する方法もありますが、正直のところメリットは少ないと言えるでしょう。

というのも、学生ローンでもアルバイト・パートタイマー等で収入を得ている必要がありますし、学生証の提示が必要なところもあり、書類提出が増えて面倒になります。

それだけでなく、大手消費者金融のように最大○日の無利息期間サービスを提供しているところもまずないため、やはり学生ローンにメリットはありません。

ただ、「どうしても消費者金融でお金を借りることには抵抗感を覚える」といった方は、学生ローンを利用することも悪くないでしょう。

以上のように、収入を得ている学生の方はキャッシング業者を利用すれば問題ありませんが、そもそも一切収入を得ていない方も多いのではないでしょうか。

そこで、以下に収入を得ていない学生の方がお金を借りる方法を幾つか挙げておきます。

・日本学生支援機構の奨学金を借りる
・社会福祉協議会からお金を借りる
1.教育支援金
2.就学支度金

日本学生支援機構の奨学金を借りる

日本学生支援機構では、奨学金の名目でお金を借りることができます。

指定口座に毎月決まった金額のお金を振込してくるため、実際のところ学費・生活費以外に利用していてもバレることはないでしょう。
※バレないから娯楽費に使って良いわけではなく、あくまで理論上の話です。

ただし、日本学生支援機構は審査を設けていますし、年度ごとに申込時期が決まっているため、いつでも利用できるわけではありません。

社会福祉協議機会からお金を借りる

市役所・区役所等に設ける社会福祉協議会では、教育支援金・就学支援金を利用できます。

教育支援金

高校(毎月3.5万円以内)
高専(毎月6万円以内)
短大(毎月6万円以内)
大学(毎月6.5万円以内)

就学支度金

高校・高等専門学校・大学進学の入学金(50万円まで)

ただし、社会福祉協議会では、誰にでも無条件に融資しているわけではなく、以下の条件を満たす必要があります。

・低所得者世帯/障碍者世帯/高齢者世帯
上記の条件に該当していない方は、社会福祉協議会からお金を借りることができません。

以上、ここまで学生の方がお金を借りる方法について紹介してきましたが、自由にお金を使いたいのであれば、アルバイト・パートタイマー等で収入を得てキャッシング業者の審査に申し込みすることが手っ取り早いと言えるでしょう。

失業中の方がお金を借りる方法はこれ!

失業中の方がお金を借りる方法として、キャッシング業者を利用するという考えはあきらめましょう。

大手消費者金融・中小消費者金融・銀行でお金を借りることはできませんし、果ては闇金すら失業中の方にお金を貸付することはありません。

そこで、ここでは失業中の方がお金を借りる方法を、以下に紹介しておきます。

・クレジットカードの利用
・生命保険の契約者貸付の利用
・不動産/株券を担保に金融機関の利用
・生活福祉資金貸付制度を利用
・派遣会社に登録してキャッシング業者を利用

クレジットカードの利用

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる方法があります。

既に所有しているクレジットカードのキャッシング枠を利用する方法が一般的ですが、もしもクレジットカードを所有していない場合は審査を受ける必要があります。

当然、クレジットカードでも無職の方は審査に通りませんが、フリーランスの方であれば審査に通ることがあります。

現在はクラウドソーシング等で収入を得ている方も多いため、一部のクレジットカードでは審査に通ることがあります。

確定申告書・屋号不要のクレジットカードもありますので、検討してはいかがでしょうか。

また、クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法もありますが、利用規約に抵触してしまう恐れがあるため、ここでは紹介しません。

生命保険の契約者貸付の利用

一部の積立型の生命保険では、積み立てた一部の金額を低金利で貸付しています

積立型の生命保険は解約払戻金があり、解約払戻金の範囲でお金を借りられます。

不動産/株券を担保に金融機関の利用

不動産・株券所有者は、一部の金融機関では担保にお金を借りることができます。

まずは日頃利用している銀行窓口に足を運び、不動産・株券を担保に貸付してくれないか相談してみてはいかがでしょうか。

生活福祉資金貸付制度を利用

社会福祉協議会では、生活困難者に対して生活福祉資金貸付制度を設けています。

ただし、以下の条件を満たしている必要があります。

・失業保険の受給資格なし
・職業安定所等で求職中

原則、連帯保証人なしで利用可能ですが、無利子で借りたい方は連帯保証人が必要です。

また、ケースワーカーが自宅に訪問してくるため、生活状況の改善等の指導が行われることも予想できますので、そういったことは嫌という方は利用を控えるべきでしょう。

派遣会社に登録してキャッシング業者を利用

キャッシング業者は、無職では絶対に審査を通過しませんが、派遣会社に登録している方は無職ではないため審査に通る可能性はあります。

以上、失業者の方がお金を借りる方法を紹介してきましたが、やはり失業する前にお金に困らないように対策しておくことが大事でしょう。

年金受給者がお金を借りる方法はこれ!

年金受給者の方は一部キャッシング業者の審査に通る可能性はありますが、年齢制限にひっかかってしまう方が多いようです。

キャッシング業者の年齢制限は、満65歳〜69歳程度のため、以上の年齢の方は審査を受けることができません。

そこで、独立行政法人福祉医療機構が提供している「年金担保貸付事業」の利用を検討しましょう。

年金担保貸付事業では70代以上の方でも利用可能で、以下の点が詳細になります。

・原則連帯保証人必要、用意できない場合は年金福祉サービス協会に信用保証料の支払い  ※信用保証料は借入金額・1回の返済金額/金利等で変わります。
・融資限度額:10万円〜250万円
・金利:年1.6%
・最低返済額1万円
・受給年金額の年額の範囲内
・1回の返済額15倍以下
・追加融資は不可

<貸付金の利用用途>
・事業維持費/保健医療費/冠婚葬祭費/住宅等改修費/教育費/介護福祉費/債務一括整理費 ※上記項目に該当しない方は、臨時生活資金として融資限度額100万円までになります。

学生・失業中・年金受給者がお金を借りる方法まとめ

以上、学生・失業中・年金受給者の方がお金を借りる方法を紹介してきました。

上記で紹介してきた方法でお金を借りてみてはいかがでしょうか。

また、最後になりますが、知人や親類にお金を借りることは、なるべく避けるべきでしょう。

お金の貸し借りは人間関係のトラブルに発展しかねませんし、最悪のケースでは事件に巻き込まれることもあり得ます。

お金を借りたい場合は、キャッシング業者・金融機関・行政等を有効的に活用することをオススメします。

メニュー